【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

人材紹介業に向いている人、向いていない人

人材紹介業へ向いている人とは

 

人材紹介業への

適性について考えてみます。

 

 

人材紹介業務のやり方も企業によって異なりますが、

 

 

大きくは以下の2つのやり方に別れます。 

 

 

1、求職者対応、求人開拓の両方を一人で行うパターン(いわゆる一気通貫方式)

 

2、求職者、求人を二人で分けて行うパターン(いわゆる分業方式)

 

 

今回は1のパターンについて考えてみたいと思います。

 

 

私なりの結論を先に書きます。

 

 

人材紹介業務に向いている人

 

 

1、仕事を通じ他人に影響を及ぼしたいと考えている人

 

2、成約のためなら業務外でも電話やメールができる人

 

3、良いことも悪いことも正直に伝えられる人

 

4、人との深いつながりを必ずしも求めていない人

 

5、臆病な人

 

 

1~3は「対個人の営業」をやるにあたっては求められる部分です。

 

 

4は意外と思われるかもしれません。

 

 

人材紹介は、求職者の転職が決定した際に一旦関係が終わります。

 

 

もちろん入社後長く続かなかった場合には一定の責任は負いますし、

 

 

個人的に仲良くなり、友人として関係が続く場合もあります。

 

 

ただ、基本は一回一回が完結していきます。

 

 

営業でいえばルートセールスのような、

 

 

継続的な関係構築が苦手な人は、

 

 

意外と合う場合があります。(私もそうです)

 

 

もちろん根本的に人嫌いでは難しいですが。。。

 

 

5は、臆病=慎重で仕事が細やか、と捉えてください。

 

 

間に入り様々な連絡調整を行うので、

 

 

臆病な人の方が向いています。

 

 

キャリアコンサルタントになってはみたものの、

 

 

実務で活かせていない方も多いと思います。

 

 

上記項目にいくつか当てはまる方は、

 

 

チャレンジしてみるのもありです。

 

 

ただ、ハードな業界ではありますので、

 

 

選択は自己責任で。。。

 

 

以上。

 

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com