【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【日本郵便のパワハラ対応が微妙】実際のところはどうなのか。

f:id:yuyuma6310:20200224095445j:plain


こんばんは。

 

前回の記事でパワーハラスメント防止措置の強化が6月から義務化されると

書きましたが、タイムリーに日本郵便のパワハラ対応の状況が記事になっていました。

 

内容を取り上げてみます。

 

 

前回記事です⇊

www.careerconsultant.me

 

日本郵便のパワハラ対応が微妙な感じ

 

詳しい内容はこちらをご参照ください。(朝日新聞デジタルより)

https://www.asahi.com/articles/ASN2L61QFN2GULFA00B.html?iref=pc_ss_date

 

内容を拾ってみますと、

  • 18年4~12月のパワハラ関連通報は前年比8割増の372件通報全体の3割)
  • 本格調査したのは48件(13%)
  • パワハラだったと事実認定したのは2件(0・5%)

 具体的内容例としては、恫喝(どうかつ)や、遅くまで残業を強いてアポ取りをさせる、朝礼で個人に対して人格否定のような発言をする、怒鳴りながら後ろから足蹴り(驚き!ホントでしょうか?!)などの訴えがあったようです。

 

しかしながら、認定2件はさすがに少ない印象です。

 

ちなみに、調査対象外にした理由としては、

  • 「抽象的内容」
  • 「発生局・加害者不明」
  • 「誹謗(ひぼう)中傷」

などをあげています。

 

通報窓口の難しさが透けて見えます

 

続報の記事では、「自分が通報したと特定される」ことを懸念したり、

「昇進に影響がある」と感じ通報をためらう背景もあるようですが、

窓口をどこが運営しているのかも、通報を左右する大きな要因だと

思われます。

内部の社員が運営しているのであれば、どうせ秘密は守られないのだろう

と思い、通報をためらうことは自然です。

通報窓口は外部委託する方が、訴える側としては精神的ハードルが

大きく下がるような気がします。

 

一方で、パワハラはやはり境界が難しく、「これはパワハラなのか」

思うような訴えもそれなりにあるようです。

調査件数が上がらない要因にもなっていると思われます。

 

通報窓口は機能するのか

 

以前、人事業務に携わる友人に聞いた話ですが、

権利意識が強く、会社に食って掛かるような社員が

何でもかんでもパワハラと訴えるケースも多いようで、単純に窓口が

機能していない、と結論づけるのも微妙な気がします。

こいった社員への対応で、時間やマンパワーを取られ、本来扱うべき

通報について時間を割けない、ということも考えられます

 

そういった点では、6月からスタートする防止措置の義務化に伴って

具体的な事例が示され、適用する条件も設けられたことは、判断の助けになります。

人事部や相談窓口の担当者からすれば、作業がしやすくなる案外よい部分もあるのかもしれません。