【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【実務で使えるキャリア理論】シュロスバーグの転機へのアプローチスキル

f:id:yuyuma6310:20200307140743j:plain

さあ分かれ道。転機が訪れたぞ・・・
 
ナンシー・K・シュロスバーグの「転機へのアプローチスキル」理論について解説します。
 
人生全体に対して活用できるスキルですが、挙げている例は社会人を想定したものですので、実務で使う際の参考になればと思います。キャリア支援を行っている全ての方に知ってほしいスキルですので、是非ご覧ください。
 
目次です⇊
 
キャリア理論についての過去記事です⇊

「転機へのアプローチスキル」基本的な考え方

 
キャリア・ディベロップメントは転機(Transition)の連続と考え、
転機のプロセスを理解して、転機にうまく対応することに焦点を当てていることが特徴です。
 

転機とは、何か

 

転機を以下のように定義しています。

  • イベント:ある出来事が起こること
  • ノンイベント:予期したことが起こらないこと
  • そして、その結果としての「生活や人生の変化」

 

【イベントの例】

  1. リストラされ(イベント)、収入が途絶えたが、新たな仕事を探すにあたり自分が何をやりたいのかを再考してみる(自己概念の変化)
  2. 子供が生まれ(イベント)、共働きの妻と家事や子育てを分担することになり、働き方を再考する(人生にとっての役割や日常生活の変化
 
【ノンイベントの例】
  1. 期待していた昇進が叶わず(ノンイベント)、住宅を購入する時期の予定がくるい、キャリアプランについても再考するきっかけとなる(物事に対するタイミング、自己概念の変化)
 
転機は避けることができないというのが基本的な考え方。重要なのは、
転機に論理的に対処し、マイナスの影響を最小限に抑えることであると
シュロスバーグは述べています。そして、できるだけ早く転機を乗り越え、
進んでいく事が大切です。
 
その具体的な方法について、2つのステップで乗り越えてゆきます。
 

ステップ1:転機を評価する

 

まずは転機を分析し、評価します。

 
3つの要因から転機の影響度を考える
 
  1. 転機(イベント・ノンイベント)そのもの
  2. 転機を体験する本人の対処スキルや経験、リソース(内的資源)
  3. 支援システム(周囲の人、お金などの物的資源、公的機関等)

1は、そもそもその転機は、予期していなかったものなのか、自ら決断して生じさせたものなのか、正常な人生の過程で生じたものなのかを判断します。

 

更に、4つの視点で検討します。

  • 転機の深刻さ(役割、関係、日常生活などをどの程度変えないといけないか)
  • 転機のタイミング(人生の中で時期的に良いときか、悪いときか、準備する時間はあるか)
  • 転機はコントロールできるものなのか、選択肢はあるのか
  • 転機によって生じた状況はいつまで続くのか、一時的なものか、永続的なものか

 

例えば、リストラされた例で考えてみます。

 

f:id:yuyuma6310:20200307142023j:plain

 

通常は予期していなかった転機であることが多いと思います。

 

とてもネガティブな転機と捉えられますが、子供が成人しており収入への心配が少ない(転機の深刻さ)、経験値や人脈も築かれていて、外へ出て試したい思いも抱いていた(転機のタイミング)、退職までの期間はあり、会社からの再就職支援制度もある(転機のコントロール、選択肢)と一つずつ考えてみると、決してマイナスの面ばかりでないことに気づきます。

 

転機を前向きにとらえ、戦略的に行動できるきっかけになるのではないでしょうか。

 

2は、転機に対処する本人の能力のことで、4つの視点で振り返ることを勧めています。

  • 人生に対する見方(肯定的な見方をしているか、否定的にとらえているか)
  • コントロール(人生を自分でコントロールできると考えているか、宿命としてあきらめているか)
  • 対処スキルを身につけているか(ストレスへの対処法、意思決定の方法)
  • 過去に転機を乗り越えた経験

 

ここは大きくとらえると、自分自身の性格や精神的な強さ、人生の経験値の棚卸と振り返りといえると思います。

 

リストラの例でいうと、「何とかなるさ」という楽観的で、趣味や外部人的ネットワークとのつながりがあり、ストレスの解消法を持っている人と、「会社から見放されたら終わり」と考えていて、初めてこのような経験を味わった人とでは、本人のリソース(内的資源)に違いがあると捉えられます。

 

キャリア・コンサルタントは、以上のような質問で転機の深刻さ、本人の考え方を測り、支援につなげてゆきます。

 

ステップ2:転機の乗り越え方を考える

 
では、いよいよどうやって転機を乗り越えるのかを書いてゆきます。
シュロスバークは2段階の方法を提案しています
 

転機を乗り越える2段階の方法

 
第1段階:転機を乗り越えるためのリソースを点検する
第2段階:変化を受け止める(転機を乗り越える戦略を実行する)
 

転機による変化をコントロールするために利用できる力(リソース)は、4つのSとしてまとめられています。

 

転機を乗り越えるための4S

 

  1. 状況(Situation)→この状況に対する自分自身の見解を振り返る
  2. 自己(Self)→ものの見方、自己概念、人生に対する考え方、変化に対しての強さ、弱さなど
  3. 支援(Supprt)→どような支援を受けられるか。会社からの支援、家族や友人、公的機関のサポートなど
  4. 戦略(Strategies)→実行可能な戦略を評価する
ステップ1の転機の評価で状況は見えてきていますので、更にそれぞれの項目を深堀ってゆきます。
リストラの例で考えますと、自己(Self)の振り返り、「この後の人生をどう生きてゆきたいのか」という視点は重要だと思います。その際、ハンセンの統合的人生設計や、スーパーのライフステージとライフロールも紹介するとよいかもしれません。
また、リストラはある程度高い年齢で起こるイベントと考えられますので、支援(Supprt)の部分についても幅広く検討してみる必要があります。
昨今では中高年の転職も活発になってきており、そういった年齢層に特化した転職サイトやスカウトサービスも増えてきています。
 
これらの情報を常に仕入れておくこともキャリアコンサルタントが心掛けないといけないポイントです。
 

まとめ

 

 実際の転職支援で訪れる方の場合、会社の労働環境や人間関係への不満で転職を決意する方も多く、その場合、
 
会社の労働環境や人間関係の改善が訪れない」→ノンイベント(期待している事が起こらない)と考えられます。
 
感情的になり、転職すれば解決すると考えている場合、あまりよい転職にならないケースが多いです。その際は、今動く事のタイミングや、4Sの整理をすることで、一旦冷静になってもらえる効果や、実は原因が本人に起因することもあり、転機への見方が変わることもあります。
 
4Sの確認と整理は、キャリアカウンセリングのみならず、仕事や日常の、色々な場面で活用できます。
物事の状況を整理して、冷静に判断したいときは、一度試してみるとよいです。
とかく問題が起きたときは、起きた事象にのみ目が行きがちだからです。
 

「物事へのアプローチスキル」と言い換えても良いような、幅広く汎用できる考え方だと思います。
 

 

※当記事は過去記事を加筆、リライトしたものです。

 

最近の記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me