【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【子供から学んだこと】コロナによる休校がもたらした気づき。

f:id:yuyuma6310:20200314115616j:plain

休校して家にいる息子から学んだこと

 

新型コロナの影響で、学校が一斉休校し2週間。

自宅で時間を持て余しているお子さんも多いのではないでしょうか。

 

そんな中、高校2年生の息子の行動が変わったのです。

 

部活は幽霊部員、家ではスマホとゲーム三昧(マリカー狂い)。

 

そんな息子が、「暇でやることがないから」といいながら、家事を自らやるようになりました。

 

食器洗い、ゴミ捨て、買い物、洗濯物を干してくれたり。

こちらからお願いしたわけではありません。

 

ずっと家にいるから「さすがに何かをやらないと」、という気持ちになったのかもしれませんが、子供は知らないうちに成長しているのだと、気付かされた出来事です。

 

その成長を知らずに、小言を言うことも多かった自分。

 

親はわかっているようで、意外とわかっていない。

自分の考えうる範疇は思ったよりも狭い。

 

シンクの前でお皿を洗う息子の姿に、教えてもらった気がします。

 

 

自発的に動く環境をつくる

 

f:id:yuyuma6310:20200314115642j:plain

 

企業はしばしば短期的な結果を求めます。

 

管理職の立場になると、自分の経験を「是」とし、人を指示し、動かしたくなる衝動に駆られますよね。

 

指示をして人を動かすことは「強制」で、体は動いても、心は動いていないので長続きしない。仕事も気持ちの入ったものにならない。

 

自発的に動くことは、自らやりたいと動いているので、その後も続く。仕事も気持ちの入ったものになる。

 

部下を抱える管理職からすると、「人を動かす」ということは本当に難しいです。

 

能力はあるのに、モチベーションに陰りのみえる部下。

最近元気のない後輩。

 

少し手綱を緩めて、自発性に任せてみる。

勇気を持って、遠くから見守ってみる。

 

今まで見えなかった部下の行動が、見えるかもしれないです。

 

管理職である上司は、「困ったときはいつでも助けるよ」

というメッセージが出せていればよいのかもしれません。

 

管理すぎる事の弊害を説いた、このような本もありますね⇊

 

人は誰しも、自分のなかに自らを成長させようという原動力を持っています。

 

息子に感謝!