【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【逆境を乗り越える5つのスキル】前向きになれるクルンボルツ理論

f:id:yuyuma6310:20200404210527j:plain

 

こんにちは。

 

今回は、苦難に直面したときに自分を奮い立たせることができるキャリア理論です!

 

目次です⇊

 

新型コロナによる休業が相次いでいます。

居酒屋では、大手チェーンも休業を選択しました。

www.asahi.com

 ※朝日新聞デジタルから引用

 

鳥貴族は全641店舗の内、直営の394店舗を8日間休業。

 

ホームページによると、2019年7月末時点での直営店従業員数が

11,398名おり(パート・アルバイト含む)、

非正規職員の割合が8割としても、約9,000名の方たちの

収入に影響が出ます。

(休業手当は一般的に給与の6割支給。)

 

不安になる話題ばかりですが、こういう時だからこそ、

時間をとって自身のキャリアを考えるてみる。

日頃できないことに取り組んでみる機会でもあります。

 

今回お伝えしたいのは、クルンボルツ博士が提唱した理論⇊

 

「偶然の出来事をキャリアにとって望ましい機会に変える」

=「プランド・ハプンスタンス・セオリー」

jinjibu.jp

※日本の人事部より引用

 

避けられない偶然の出来事を、

自身の人生の質を高める良い機会に利用するには

どうすればよいでしょうか?

 

逆境を乗り越えるための5つのスキル

 

f:id:yuyuma6310:20200312233122j:plain

 

クルンボルツ博士は、

「偶然の出来事」を自分にとって「より良い機会」に変える

5つのスキルを教えてくれています。

 

1、好奇心(Curiosity):新しい学びの機会を模索せよ。

f:id:yuyuma6310:20200404225727j:plain

 

自宅待機、テレワークなどで新たに時間ができた方は多いのではないでしょうか。

生まれた時間は、新しいことを始めるチャンス。

 

私はとにかく読書。youtubeの誘惑と戦っていますが(笑)

f:id:yuyuma6310:20200314115616j:plain

 

苦手なWEBの知識に関する本など、自分に足りないと思っていた分野の

本を読むようにしています。

 

2、持続性(Persistence):失敗に負けずに努力し続けよ。

 

新型コロナの影響で、続けてきたことができなくなってしまった

方も多いと思います。

 

私は週1回通っていたムエタイを自粛しています。

趣味の範囲の活動ですが、ミット打ちの後の爽快感がとてもよいのです。

3分3ラウンド行うと、汗だくなります。

 

技術を忘れる不安はありますが、その分夜走るなどして、

基礎体力を向上させる機会ととらえています!

 

本題とずれますが、格闘技は自信をつけるのにもってこいです。

自分に一本筋が通る感覚を与えてくれるので、

意見を言うのが苦手、という方へはおすすめです。

 

3、柔軟性(Flexibility):姿勢や状況を変えよ。

 

自身の物事へのとらえ方を見直せる機会です。

 

例えば会社が嫌で嫌で、コロナが無ければすぐに辞めたい場合でも、

仕事があり、収入が保証されるのであれば、感情を客観視し、一旦冷静に考えてみては。

 

その安定した状況は、次のスタートラインに立つための充電期間かもしれない。

もちろん耐えがたいパワハラが行われているような職場は例外ですが。

 

私は、今は待ちの姿勢だと思っています。

 

コロナによる「特需」で採用を増やす企業もあるかもしれません。

その点はこの記事でも書きました。

 

しかし今は平時ではないので、戻ったときに自分がどう処遇されるかも

わかりません。

 

4、楽観性(Optimism):新しい機会は必ずやってきて、それを自分のものにすることができると考えよ。

f:id:yuyuma6310:20200308101353j:plain

 

自分の思考パターンを把握し、必要であれば、変えてみることだと思います。

 

・仕事が無くなった=絶望的、、、ではなく

・仕事が無くなった=今までやりたいと思ってきたことに挑戦できるチャンス!

 

無くなる、失うということは、なんにでもなれる、なんでもできることと同意です。

 

5、冒険心(Risk-taking):結果がどうなるか見えない場合でも行動を起こせ。

f:id:yuyuma6310:20200404224905j:plain

 

さて、これはどう考えるか。

 

例えば、この状況下で、今まで温めていた起業プランをスタートさせるのか。

はまたま、今はやめておくのか。

 

ちょっと今の状況は普通ではありません。

 

「待ち」と考える人が多いような気もします。

これはもう、それぞれの考え方次第としかいえません。

 

ただ、いついかなる場合でも、「やる前から結果をあれこれ想像してしまう」ことは、

自分に対する強力なブレーキになります。

 

・やりたいと思うなら、あれこれ考えずに行動を起こすこと。

・やりながら考えること。

 

クルンボルツ博士はこういうことを言いたいんじゃないかと思います。

なんだかホリエモンぽくなってきました(笑)

 

新たなことに一歩踏み出すには、強力なドライビングフォースが欠かせません!

 

まとめ

 

これからも感染の拡大は続くでしょうし、経済への影響も

更に大きくなってゆくことは確実でしょう。

当然、雇用へも大きな影響が及びます。

 

こういった理論や考え方より、現金やマスクが必要だ・・・!!

という状況であることは間違いないです。

 

サラリーマンとして勤めているキャリアコンサルタントにとって

今できることはほとんど無いなと、やや無力感も感じます。

 

せめて前向きな言葉を発信し、この状況が去った後のキャリアの進展の

参考になれば幸いです。

 

さあ、今日も明るく前向きにいきましょう!!

 

※キャリア理論関連の過去記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me