【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【年齢に対する転職回数の目安は?】転職回数が多い人でも採用担当者を納得させてしまうコツ!

f:id:yuyuma6310:20200630234438j:plain

 

転職を思い立ったときに

一度立ち止まって考えたいのが、

転職回数。

 

自覚のないまま退職を

決めてしまうと、

思いがけず転職活動に

苦労することがあります。

f:id:yuyuma6310:20200312233229j:plain

 

今回は、

「年齢と転職回数を測る公式」と、

転職回数が多い人が

どうすれば成功する転職を

実現できるのかを、

私の経験も交えて書きます!

 

目次です⇊

 

転職回数はどれくらいだと多いのか?

年齢に対する許容される転職回数の「公式」

f:id:yuyuma6310:20200412145542j:plain

 

人材紹介エージェント歴9年の

経験から私が考えた、

自分の年齢に対する転職回数の公式です。

 

《公式》

年齢の十の位を2倍した数と、

現職も含む在籍社数が同じか、

超えている場合は転職回数が多い

※ただし、一の位が1~4歳の場合はマイナス1社する。

 

計算例を示します。

 

例1)45歳の人→4×2=8。

今在籍している会社も含め合計在籍社数が

8社の場合、転職が多いと思われる。(転職回数は7回)

 

例2))33歳の人→3×2-1=5。

今在籍している会社も含め合計在籍者数が

5社の場合、転職が多いと思われる。(転職回数は4回)

 

例1の人が23歳で就職した場合、

単純に割ってみると

一社平均して3年在籍していない計算です。

例2に関していうと平均して2年くらい。

 

いかがでしょうか。

非常に単純ですが(笑)

f:id:yuyuma6310:20200530100136j:plain

 

もちろんあくまで目安ですが、

経験上、企業側の感覚とは

あまりずれていないと思います。

 

では、

転職回数が多い人が

「成功する転職」を実現するには

どうすればよいのか?

 

転職回数の多い人が転職を成功させるコツ!

転職はストーリーが大事

f:id:yuyuma6310:20200404224905j:plain

 

私が転職支援のなかで

アドバイスするときは、

「今までの職歴から応募に至るまでのストーリー」

が大事とお伝えしています。

 

例えば、

直近数社を1年未満で

辞めてしまっている場合。

 

家族の事情や配偶者の転勤など、

やむをえない理由でなければ、

どんな理由を付けても採用担当者からは

色眼鏡で見られてしまいます。

f:id:yuyuma6310:20200608005658j:plain

 

このときは「反省ストーリー」です。

 

短期で辞めてしまったことは、

理由はあれども、

自分にも反省する部分があった。

次こそは長くがんばりたい、

というストーリーです。

 

また、職種を短期で変えてしまったパターン。

 

例えば、ITエンジニア、接客、

営業と転職してしまった場合。

これも基本的には「反省ストーリー」

なのですが、

 

・今まではやりたいことが定まらずに安易に転職してしまった。

・色々な職種を経験したことにより、接客業にやりがいを感じることに気づけた。

・やりたい事が明確になったので、今度こそ長く続ける。

 

「やりたいことが明確になったストーリー」

がよいでしょう。

f:id:yuyuma6310:20200412144416j:plain

 

職種を変えたことを

プラスに置き換えることと、

だからこそやりたいことに

辿り着けたというところに結びつけます。

 

いずれにせよ、

謙虚に自分を見つめることも 大事です。

 

自分の強みや売りを明確にする

f:id:yuyuma6310:20200312233023j:plain

 

転職回数の多い人が

不安視されやすい要素としては、

協調性への不安、

多職種との連携の弱さ、

マネジメント経験不足などが挙げられます。

 

一社でもよいので長く続けた会社があれば

カバーできる可能性がありますが、

3年以上勤めた会社が1社も無い場合は、

やはり不安視されると

考えたほうがよいでしょう。

f:id:yuyuma6310:20200606213055j:plain

 

その場合は、

会社が変わっても継続して磨いてきたスキルは

何かを明確にしましょう。

 

自分の強みについてはコチラの記事も参考になります⇊

www.careerconsultant.me

 

実際の事例~私の転職歴から考える~

f:id:yuyuma6310:20200614220545j:plain

 

現在の仕事に至るまでの私の転職歴から

具体的に考えてみます。

 

《職歴》※全て正社員です。年齢は退職時の年齢。

1社目:飲食店の厨房、ホール 1年 25歳

2社目:メーカー代理店営業職 4年 29歳

3社目:インターネット関連企業営業職 1年 30歳

4社目:家庭用品メーカー営業職 3年 33歳

5社目:人材紹介、派遣会社のコンサルタント(現職) 9年

 

年齢は現在43歳なので、

公式に照らし合わせると

転職回数が多いとはいえないですが、

30代前半までは転々としました。

 

特に転職で苦労したのが、

4社目の退職、転職のとき。

見ていただいたらわかる通り、

業界がバラバラでした

 

当時記録を付けていたのですが、

合計で56社に応募しました。

f:id:yuyuma6310:20200312233056j:plain

 

このときは見切り発車で

前職を辞めてしまったので、

4カ月間派遣とアルバイトでつなぎながら

転職活動に集中。

 

自分が行きたい業界が

明確なら、次を決めずに退職し、

転職活動一本に集中することは

ありだと思っています。

 

転職ストーリーと強みは

f:id:yuyuma6310:20200516134025j:plain

 

この時は「反省ストーリー」。

 

若気の至りで堪え性がなく、

転々としてしまった。

 

しかし、強みとしては、

飲食店の後は一貫して

営業職に携わってきたこと。

また、3社目の在籍時に

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)

を取得しました。

 

・転職を繰り返し自分自身が苦労したことで、

他人のキャリアに携わりたいと思うようになった。

・資格(CDA)を取得したことで、

その決意が本物であるという裏付けを示せた。

 

このストーリーが、

現在の会社に入れた

要因だったかなと思います。

 

ここだけ読んでもエッセンスがわかるまとめ

f:id:yuyuma6310:20200315114527j:plain

 

転職回数が多い方が、

成功する転職を実現するポイントをまとめます。

 

① 採用担当者が思わず頷いてしまうストーリーを練る。

② 転職してきた中でも一貫している強みを発見する。

③ 謙虚さが大事。「全て会社が悪かった」ということはありえない。

④ 行きたい業界が明確ならば、あえて転職先を決めずに退職し、

転職活動に専念することも選択肢である。(自己責任でお願いします。)

 

コロナ渦の中、

転職回数の多い方がノープランで

今転職市場へ出る事は、

ややリスクが大きいと思います。

 

しかし、転職はタイミングも大事。

いつ何時チャンスが来ても良いように、

自身の転職回数や

キャリアを振り返っておきましょう。

 

よければ、コメントやスターを

お待ちしています・・・!

 

 

転職や紹介エージェントに関する過去記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me