【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【心に残る気配りのコツ】思い出に残る先輩の話。

f:id:yuyuma6310:20200712122415j:plain

 

気配りには、

センスが現れる。

 

特に贈り物には

その人の性格が現れるので

気を付けないといけない。

高価だったり、

豪勢ならよい、

というものでもない。

 

「いや~、費用にはまいりました。」

 

私の知り合いが、

女性部下の結婚祝いをしたときの話。

 

彼一人で企画し、

夜景が奇麗なレストランを予約。

1人ウン万円のコースとプレゼントを準備。

部署内のメンバー2名も誘い、お祝いを催した。

 

精一杯張り切り、

最高の「心に残るお祝い」

のつもりだったのだろう。

当然費用は

全て”上司の心遣い”

と皆思っていた。

 

しかし、

数日後参加者から

話を聞いた。

 

「いや~、まいりました。」

 

あろうことか、

後日、参加した部下にも

ウン万円の自己負担をお願い

してしまったのだ。

 

事前の相談もなかったものだから、

後味が悪くなったのは言うまでもない。

 

思い出に残る先輩

f:id:yuyuma6310:20200505200535j:plain

 

私が10代後半、

ファミコンショップで

アルバイトをしていた時の話。

週に3回くらい

同じシフトに入る先輩がいた。

 

大変なゲームおたく。

やせ型、年齢の割には白髪が多い。

ゲームにより当然視力は衰え、

丸メガネ。

 

お世辞にもイケてる

感じではない第一印象。

先輩、ごめんなさい。

 

当時は初代プレステ全盛の時代。

部屋を暗くしながら

バイオハザードをやることに

ハマっていたらしく、

「あまりの怖さに、一人でギャー!!と

叫んじゃってさ~」などど

にやにやしながら言うような、

変わった先輩だった。

 

先輩が必ず行っていたこと

f:id:yuyuma6310:20200624230308j:plain

 

その先輩が、

シフトが同じ日に必ず

してくれたことがあった。

 

ジュースを一本奢ってくれるのである。

 

そのタイミングは絶妙で、

閉店が近づき

客足も落ち着いてくる頃。

 

仕事の終わりが見えてくる

安堵感でふと緩んだ心に、

そのジュースで

リラックスタイムが出来上がった。

 

「Kさん(私の名前)ジュース何飲みます~?」

 

毎回飲む前提で、

店の入り口にある

自販機に小走りで

買いに行く。

 

初めの頃はありがたいと思っていたが、

毎回となると、こちらも申し訳ない。

断ろうとしたこともあった。

 

しかし、この先輩、毎回おごる。

それも必ずジュース一本。

一度聞いたことがあった。

 

「なぜ先輩は、毎回ジュースをおごってくれるんですか?」

 

こんな言葉が返ってきた。

 

「だって、100円で相手の心をつかめるなら

安いもんじゃない。」

 

先輩なりの

人身掌握術だった。

 

 

 

今、そのファミコンショップは無くなり、

デイサービスセンターに変わっている。

プレステは「4」まで進化した。

 

それでも今、

私はブログで

あの先輩のことを書いている。

 

確かに、心をつかまれていた。

やりますね、先輩。

 

まとめ~人の心に残る気配りのコツ~

f:id:yuyuma6310:20200516134025j:plain

 

あの先輩から学んだ、

人の心に残る

気配りのコツ。

 

① 値段は関係ない。

② 頻度高く行う。

③ 遠慮されても強引に行う。

④ 中途半端な負担は求めない。やると決めたら全部自腹で。

 

時は過ぎた。

 

先輩の去就は知らないけど、

あのにやにや顔と、

この話だけは忘れられない。

 

今も仕事場で

「ジュース作戦」

決行しているのだろうか。

 

 

 

 こんな記事も書いています⇊

 

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me