【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

”一つ上のキャリア”を目指す、すべての方に贈るブログです。

MENU

【20代~30代薬剤師の転職】現役エージェントが語るキャリア選択における注意点。

前回の記事で、

薬剤師の転職市場は縮小し

50代以上の転職の厳しさ

書きました。


反対に、「今だ」といわんばかりに

若手薬剤師を求める企業は増えています。

 

好待遇で転職するには

よいタイミングといえる

かもしれません。

 

しかし、

市場の追い風にのって

軽々と転職してしまっても

よいのでしょうか?

 

今回は、20代~30代の

若手薬剤師のキャリア選択

における注意点をまとめます。

 

薬剤師の転職に関する過去記事はコチラ⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

 

この記事の目次です⇊

 

20代~30代薬剤師が好条件で転職できる背景

 

f:id:yuyuma6310:20210213152723j:plain

 

薬剤師の転職市場が

縮小した理由については、

前回の記事をご覧ください⇊

www.careerconsultant.me

 

調剤薬局の市場は、

コロナの影響で

縮小しています。

 

薬剤師需要全体のパイも縮小したなかで、

若手薬剤師の積極採用を進めるのは

以下の理由があります。

 

1、長期的視野で教育できる

f:id:yuyuma6310:20200726124929j:plain

 

長らく調剤薬局、病院は

薬剤師不足でした。

 

それがコロナの影響による

市場縮小というかたちで思わぬ

解消をみました。

 

今までは目先の人出が足りないので、

「薬剤師免許を持つ人」であれば、

大げさに言うと誰でもよいという

側面がありました。

 

その緊急性がなくなったので、

薬局としては、長期的目線で

人材採用をできる余裕が出てきたのです。

 

20代~30代の若手を

採用するというのが

自然の流れです。

 

2、所属薬剤師の年齢構成の組み換え

f:id:yuyuma6310:20200621094935j:plain

 

簡単にいうと、

年齢が高く給与も高い

薬剤師をリストラし、長期目線で育成でき、

年収が安い若手薬剤師へ入れ替えを

図るということです。

 

薬剤師不足から、

スキルの見合わない薬剤師でも

高給で転職できてしまったゆがみが

表れてしまっています。

 

背景には、

人件費ダウンの目論見があります。

 

薬局からすると、収益減におちいるなか

コストダウンは避けられません。

 

動きがよく人件費ダウンにもつながる

若手に目がいくのは当然といえます。

 

3、在宅業務の広がり

f:id:yuyuma6310:20200530100136j:plain

 

薬局の在宅業務は、

移動に使う体力はもちろん、

重い輸液を運んだり、

何かと体力を使います。

 

当然若くて元気な

20~30代の薬剤師への

需要が高まります。

 

また、

ITリテラシーもポイントです。

在宅業務で外に出た際は、

iPadで記録を付けている薬局もあります。

 

更に、オンライン服薬指導など、

薬局業務もITに頼った仕事

が増えることが予想されますよね。

 

デジタルネイティブといわれる

若手への期待感が高まっている

一つの要因です。

 

20代~30代薬剤師が転職する際に気をつけてほしいこと

 

f:id:yuyuma6310:20200325230420j:plain

 

今まで書いてきたとおり、

20代~30代の転職を希望する

薬剤師には追い風が吹いています。

 

給与テーブルが決まっている

大手チェーン薬局では難しいですが、

中小の会社であれば、条件交渉も有利に

運べる可能性があります。

 

そんななかでも、

転職するときに注意してほしい

3つのポイントを書いてみます。

 

1、紹介会社のあまい言葉に乗らない

f:id:yuyuma6310:20200321092231j:plain

 

紹介会社は若手薬剤師への

ニーズが上がっている

ことを肌で感じています。

 

中には、30代までであれば手数料率を

プラスしてもよいという薬局もあります。

 

必然、紹介会社は成約を決めやすい

若手は是が非でも動かしたいので、

バラ色の転職ストーリーを語る

エージェントもいるかもしれません。

 

そこには注意が必要です。

 

転職は、今の会社を辞める理由が、

転職先の会社で解決されるかが大事ですよね。

 

そこを見ないで条件だけで

転職してしまうことが

最も危険です。

 

私の経験でもいえるのですが、

転職スパイラルにはまってしまう

典型的なパターンです。

 

人材紹介会社の「ホントのところ」はコチラの記事を⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

 

2、転職することで不満が解決されるか突き詰めて考える

f:id:yuyuma6310:20200312233229j:plain

 

転職を考えるということは、

それなりの理由があるからですよね。

 

特に、現職に不満があることが

多いのではないかと思います。

 

先ほども書きましたが、

転職先で感じていた不満が解消されないと、

安易に転職を繰り返してしまうことに

なりかねません。

 

例えば、小規模の薬局で働いていて、

残業が多いことが不満で転職を考えたとします。

 

その方の不満の解決方法としては、

残業が少ない、または残業があったとしても

法律の範囲内でしっかり管理されており、

きちんと手当が支払われる大手企業などへ

転職することが考えられます。

 

しかしながら、

目先の年収につられてしまい、

同じ小規模の会社に転職してしまったとします。

 

小規模の会社は人員に余裕がないので、

どうしても個人のマンパワーに頼る比率が高いですし、

労務管理も大手企業に比べるとやや甘い会社が

多いのが事実です。

 

本来解決したい不満を見失わずに

転職先を考えていくことは、

転職活動全体を通じて、一貫して大切なことです。

 

私の転職失敗談はコチラです⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

 

3、自分の価値観を明確にしたうえで働き方を選ぶ

f:id:yuyuma6310:20200830142757j:plain

 

キャリアコンサルタントの勉強では初めに、

「自己概念」を学びます。

 

「自己概念」とは、簡単にいうと

「自分はなにものなのか?」

ということなんですけど、

 

キャリアの選択では、

以下の3つのことを

明確にすることで自分にとって正しい

選択に近づくことができます。

 

・自分は何に興味や関心があるのか

・自分が生きていくうえで大事にしたい価値観はなにか

・自分が得意としていること、やっていて夢中になれることはなにか

 

「興味・関心」、「価値観」、「スキル」の3つですね。

 

私も数年間ほんとに悩みました!

 

なんとなく自分に合う環境に

気づき始めていたのですが、

転職をすること=解決と思い込み

結果短期間で転々としてしまった

時期があったんです。

 

その失敗の期間を経て、

キャリアコンサルタント、

人材紹介の仕事にたどり着きました。

 

自分ではわからない、、、

という方はぜひ一度キャリアコンサルタントへ

相談してみましょう!

 

無料の相談サービスはコチラです⇊

www.careerconsultant.me

 

まとめ

f:id:yuyuma6310:20210123224523j:plain

 

20代~30代の若手薬剤師の転職に

おける注意点をまとめます。

 

・企業側には、採用コストが上がってでも若手を採用したいというニーズがある

・不満があって転職するときは、転職先でその不満が解消されるかを冷静に考えよう

・働くうえでの価値観や、自分は何が得意なのかを明確にしよう

・紹介会社には「売上第一」のエージェントが存在する。好条件を並べたあまい言葉には気を付けよう

 

今回は調剤薬局に絞って書きました。

 

調剤薬局は今後大きく変わってゆきます。

 

少なくとも薬剤師免許を持ち、

薬局で処方箋を待っていれば儲かる

時代は終わりかけていますよね。

 

市場の流れを読み、

いつの時代でも求められるスキル

を身につけておけば、

転職市場に左右されることなく

主体的なキャリア選択ができるのでは

ないでしょうか。

 

 

 

☆よければコメントやスターをいただけますと励みになります☆