【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

”一つ上のキャリア”を目指す、すべての方に贈るブログです。

MENU

【地域連携薬局】が薬剤師の転職に与える影響

前回の記事の最後に

「改正薬機法」に触れました。

 

2021年8月より地域連携薬局

専門医療機関連携薬局の認定が始まります。

 

前回の記事はコチラ↓

www.careerconsultant.me

 

今回は多くの薬局で認定が進みそうな

地域連携薬局の内容と、今後の薬剤師の働き方や

求められるスキルについて取り上げます。

 

目次です↓

 

地域連携薬局とは

f:id:yuyuma6310:20200726124929j:plain

 

そもそも地域連携薬局を

一言でいいますと、

 

「地域に住んでいる患者さんを、同じ地域の医療機関や

他の薬局と連携して支える薬局」

 

となります。

 

健康サポート薬局との違いはというと、

健康サポート薬局は、病気になることを防ぐことが目的

地域連携薬局は、病気になり医療が必要な方々を

支えることが目的です。

 

病気になる前と後の

役割分担があるということですね。

 

 

地域連携薬局の施設基準

f:id:yuyuma6310:20200726124800j:plain

 

大元の資料は以下をご参照ください。

 

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等
の一部を改正する法律(令和元年法律第63号)の概要

https://www.mhlw.go.jp/content/11121000/000685273.pdf

医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律等の
一部を改正する法律の一部の施行について(認定薬局関係)

https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000731165.pdf

地域連携薬局及び専門医療機関連携薬局の認定基準に関するQ&Aについて

https://www.mhlw.go.jp/content/11120000/000731178.pdf

 

以下に施設基準を書き出します。

青地の部分は私が追記した部分です。


①プライバシーに配慮した相談しやすい構造設備


・利用者が座って服薬指導等を受けることができる、

間仕切り等で区切られた相談窓口等及び相談の内容が

漏えいしないよう配慮した設備の設置


・高齢者、障害者等の円滑な利用に適した構造

 

②医療提供施設との情報共有体制

 

・地域包括ケアシステムの構築に資する会議への定期的な参加


・地域の医療機関に勤務する薬剤師その他の医療関係者に対し、

利用者の薬剤等の使用情報について随時報告・連絡できる体制の整備

 

・地域の医療機関に勤務する薬剤師その他の医療関係者に対し、

利用者の薬剤等の使用情報について報告・連絡を行った実績(一定程度の実績)

 

・地域の他の薬局に対し、利用者の薬剤等の

使用情報について報告・連絡できる体制の整備

 

③安定的に薬剤等を提供する体制

 

・開店時間外の相談応需体制の整備

 

・休日及び夜間の調剤応需体制の整備

→休日は日曜日、祝日、年末年始、夜間とは平日18時〜翌8時、土曜は正午以降を指します。

→他薬局と連携して交代で開局するなどでも差し支えない。

→平日は1日8時間以上、土曜日又は日曜日のいずれかの曜日は一定時間以上開局した上で、かつ週45時間以上開局していることが望ましい。

 

いつでも相談できる薬剤師にならないといけないのですね


・地域の他の薬局への医薬品提供体制の整備

 

・麻薬の調剤応需体制の整備

 

・無菌製剤処理を実施できる体制の整備(他局の無菌調剤室の利用を含む)

 

・医療安全対策の実施

 

・継続して1年以上勤務している常勤薬剤師の一定数以上の配置

→常勤薬剤師の半数以上が1年以上勤務していること。

→常勤とは、週32時間以上の勤務者。

→育児や介護で勤務が難しい場合は、週24時間以上かつ週4日以上の勤務で常勤扱いにできる。

→産休育休、介護休業中の常勤薬剤師がいる場合は、その期間を除いた期間に1年以上勤務していれば認められる。

→薬局業務の充実を図るために薬剤師を新たに採用し、それゆえに基準に満たなくなる場合は、認定期限までに別の薬剤師が1年以上勤務していれば問題ない。

 

育児や介護での時短や、休業は考慮されます

採用したことによって基準に満たなくなった場合も大丈夫です


・地域包括ケアシステムに関する研修を修了した常勤薬剤師の一定数以上の配置

→「健康サポート薬局に係る研修」を修了した常勤薬剤師が半数以上必要。

→「健康サポート薬局に係る研修」の終了には実務経験が5年以上必要だが、

5年以上の経験がなくても、研修実施機関において研修の受講を修了した旨の証明書が発行されるのであれば認められる。

 

実務経験が5年なくても大丈夫のようだけど、代わりの証明書が必要というのが気になる・・・


・薬事に関する実務に従事する全ての薬剤師に対する、地域包括ケアシステムに関する研修又はこれに準ずる研修の計画的な実施

 

・地域の他の医療提供施設に対する医薬品の適正使用に関する情報の提供実績

 

④在宅医療を行う体制

 

・在宅医療に関する取組の実績(一定程度の実績)

→過去1年間において月平均2回以上実施した実績が必要。

 

・高度管理医療機器等の販売業等の許可の取得並びに必要な医療機器及び衛生材料の提供体制

 

まとめ

f:id:yuyuma6310:20210123224523j:plain

 

地域連携薬局や専門医療機関連携薬局に

調剤報酬の点数がつくかは不明なところです。

 

健康サポート薬局は、

今だ点数がついていません。

 

しかしながら、地域包括ケアの

なかで薬局、薬剤師が果たすべき役割が

明確に示されたことは間違いありません。

 

今後の薬剤師に求められる働き方は、

 

・開局時間外も継続して患者さんの求めに応じる心構え

・同一の薬局で同じ患者さんに継続して関わり続ける姿勢

 

今後の薬剤師に求められるスキルは、

 

・無菌調剤

・居宅管理指導(個人宅の在宅)

・健康サポート薬局研修の修了(5年以上の実務経験)

・研修認定薬剤師(かかりつけ薬剤師算定要件)

・病院、介護施設スタッフと円滑に意思疎通を図るための知識と

コミュニケーションスキル

 

これらの能力が求められると思われます。

 

転職するうえで気を付けたいこと

f:id:yuyuma6310:20200516134025j:plain

 

キャリアアップ、年収アップを目指す転職であれば、

上記のスキルがないと良い条件を引き出すことは

難しくなります。

 

一方で、

同一の薬局へ常勤として長く働き続ける

ことが求められています。

 

今いる環境が悪くないのであれば、

勤務し続けることで自分の価値を

上げることもできそうです。

 

(その薬局がかかりつけや、地域連携薬局に

積極的であればですが。)

 

転職を考える場合は

一旦立ち止まり、

 

外に出ることと残ることの

メリット、デメリットを

冷静に考えることが

ますます必要になりそうです。

 

 

☆よければコメントやスターをいただけると励みになります!☆

 

 

薬剤師のキャリアに関する過去記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me