【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【ドキュメント】キャリアコンサルティング技能検定2級/面接試験 その2

キャリアコンサルティング技能検定2級/面接試験


受験者待合室で説明を受け、それぞれの試験の部屋を告げられます。
私はG の部屋でした。


待つこと10分程度。見知らぬ人達がぞろぞろと待合室に入って来ました。
私達の前の回で試験を受けていた方達と思われます。(ここでも全員スーツ姿・・・)


「移動しまーす」という係りの方の合図で、全員移動。
エレベーターで更に上の階へ。


エレベーターを降りると「G の方~」と男性係りの方から呼ばれ、
呼ばれた部屋の前の椅子に座るよう指示されます。


ラミネート処理された説明書を無言で読むよう指示されます。


その後もひたすら無言、無言、無言。


突然「では、お願いします!」と促され、ドアをノックして部屋の中へ。
すると男性係りの方も一緒に入室。


面接官は2名。一人は50代くらいの男性です。もう一人も男性で、こちらの方はもっと上に見えます。
特段、緊張感は持ち合わせていない感じがしました。


受験票を渡し、名前を名乗ると、椅子へ座るよう指示あり。


テーブルは長方形のものて、私が長い辺の方に座り、
男性係りの方が短い辺の方へ座ります。丁度L 字形になる感じ。


すると、どうでしょう、一緒に入室した男性係りの方が裏返っていた名札をひっくり返します。
そこには、事前に知らされていた5つのロールプレイケースの中の一人の名前が・・・


あなたがクライアント役だったのね~と面食らう間もなく、試験がスタートしました。


【まとめ】


部屋に誘導してくれる係りの方は、クライアント役です。
そして、試験は間髪入れずに始まります。


続く。


yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com