【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

【ドキュメント】キャリアコンサルティング技能検定2級/対策講座 番外編

キャリアコンサルティング技能検定2級/対策講座


以前の記事でも書きましたが、


技能検定2級試験を受験するにあたり、対策講座を受講しました。
(Lから始まるアルファベット3文字の学校です。)


冒頭から結論を述べますと、ロープレ、口頭試問共に
「落ちないメソッド」を知ることができる、とても役に立つ講座でした。


講師は男性のF先生。


自ら一発合格し、メソッドを確立したという、凄腕の方。


私が通ったのは、


1、平日4時間×4回のラクラク合格コース(論述対策1回、面接試験ロープレ3回)

2、土日2日間、各7時間のロープレ道場


以上の2講座。


2のロープレ道場は1次試験の後なので、
実際に試験に出される5つのケースを使い、
参加者全員でみっちりロープレを行います。


2日間はなかなかヘヴィですが・・・


企業秘密の暴露になってしまうので、あまり書きませんが、


私が特に参考になったメソッドを少しだけ書きます。



1、クライント役の設定を転機の前と後に分けて、ヒアリングを行う。(ここから時間配分を考える)

2、キャリア理論は、ある一つの理論だけで対応する。

3、クライアントの「実は・・・」という隠された設定を引き出す。



特に2の、「ある理論による対処法」については、さすがにへ~~~と唸りました。



これから講座へ通う方は、先生にクライアント役をやってもらうロープレを
たくさんこなすことを、おすすすめします。ガッツリ指摘されます。


また、自分のロープレを録音して振り返ることも、とても役に立ちます。
話し方の癖や、時間配分、スルーしてしまった深掘りポイントがわかるので、
次回のロープレ時に修正できます。スマホの録音で充分です。


最後に、メソッドだけに固執してしまうと、
イレギュラーな展開が訪れた時にあたふたしてしまいます。


あくまでメソッドは身につけつつ、
最後は素の自分で臨むことを心掛けました。


まさに、自己一致の心持ちで。


その考えは、間違っていないように思います。




【まとめ】



対策講座は役に立ちますが、

最後は素の自分に立ち返り臨むべし。



この編終了。



yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com