【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

人材紹介の賢い利用法/その2

人材紹介会社が考えること。

 

 

例えば、魚を追い込み漁で獲ることを考えましょう。

 

 

ライバルがいない状況なら、じっくりと見据えて、

時間を掛けて最大の漁獲を目指すはずです。

 

 

しかし、そこへ外国の船が現れ獲りあいになったとしたら、どうでしょう。

 

  

急がないと、さんまは中国や台湾の船に先に獲られてしまいます。

(実際、今年のリアルさんまはその影響で記録的な不漁でした。)

 

結局、先に獲られたくないので、スピード勝負にならざるをえないのです。

 

 

スピード勝負になると、質が落ちます。

 

 

では、どうすればよいか?

 

 

人材紹介会社の賢い利用法。

 

 

最初は、何社かの紹介会社へ登録し、それぞれ面談を行い、波長の合う会社(担当者)を見極めれば良いと思います。

 

 

では、何を基準に選べば良いのか?

 

 

1、煽らず、自分のペースに合わせて支援してくれる

 

2、正直で誠実

 

3、約束を守る

 

4、仕事はお金じゃない、という熱い気持ちを持っている(これ重要)

 

 

こんなところでしょうか。人として、真っ当なことばかりですが。

 

 

暴露しますが、

 

 

人材紹介の手数料は、採用者の理論年収×15%~40%くらいです。(職種により異なります。)

 

 

年収500万円で、手数料率30%だとすると、

 

 

採用した企業は紹介会社へ150万円を支払います。

 

 

150万円ですよ。

 

 

当然、人材紹介会社の担当者も、ノルマや売り上げ目標があります。

 

 

150万円、逃がすわけにはいきません。

 

 

物事の構造を知ることで、どうすればよいかが見えてきます。

 

 

この章終わり。 

 

 

 

yuyuma6310.hatenablog.com