【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

キャリアコンサルティング技能検定2級/試験結果分析(その4)

キャリアコンサルティング技能検定2級/試験結果分析(その4)


前回からの続き。




シビアな現実を目の当たりに!!



■論述 60点 合格


■面接

・基本的態度 60点 

・関係構築力 55点

・問題把握力 50点

・具体的展開力 50点


合計53点 不合格



続いて問題把握力。


こちらは50点と、特にシビアな結果。


オフィシャルにある評価区分は以下。


問題把握力:相談者が表現した内容から、
相談者が相談したいことを把握し理解するとと もに、
相談者が訴えている以外の相談者の問題を把握しており、
推論の根拠も説明でき ること。


とあります。


対策セミナーでも指摘されていたのですが、

3行目からの、

「相談者が訴えている以外の相談者の問題を把握しており、
推論の根拠も説明でき ること」


ここがポイントです。


要するに、


相談者の言葉の裏にある隠れた問題を把握し、

なぜそう思うのか根拠も述べなさい、



ということです。



これを20分で行い、

口頭試問でその根拠も述べるのは、

なかなかハードルが高い。


実際私の場合、


「実は妻が妊娠していて・・・」

という情報を引き出す事ができました。


これはおそらく、クライアントが、適切な質問を受け、

関係構築ができていると感じた際に出す裏情報。

つまり、まずまず順調にいっていたわけです。


しかし、引き出せたは良かったのですが、

だから何が問題なのか?

というところまでは至れなかったように思います。



時間の不足が大きかった。



クリアするのには何が必要か?


再三述べているように、

時間の配分はとても大事です。


私は、言葉の反映、要約もそれなりに入れ、

「キャリコン」としてスタンダードな手法で

臨んだつもりでした。


しかし、20分という持ち時間を考えると、

半分を過ぎた頃からは核心をズバズバと攻める、思い切りが大事。



つまり、


「相談者の言葉の裏にある隠れた問題」

が把握できたなら、そこを深堀して行くのです。



突破するコツは・・・



ここまで書いて思うところとして、

全体的に平均点を狙うような方法では、

この試験を突破することは難しいでしょう。


相手が実は・・・と吐露したところに気づき、

そこを一点突破する、

キャリコンとしての「するどい切れ味」



これを持たないと苦しい。



そのことは、次の「具体的展開力」で

更に突き付けられます。



次回へ続く。



yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com
yuyuma6310.hatenablog.com