【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

現役エージェント歴9年。人材紹介、転職、キャリア理論などを書きます。週2回以上更新。読者登録お願いします!

MENU

会社が投資ファンドに買収されると何が変わるか。

親会社が投資ファンドに買収され、半年が過ぎた。

 

買収された記事はこちら⇊

www.careerconsultant.me

 

変化が出始めた。

 

大きく変わったと思えるのが、

グループ会社間の壁が取り払われたこと。

わかりやすくいえば、シナジーによる売上、利益の創出。

 

私が働く企業グループは、縦割りが顕著だった。

同じ医療機関に対して医療機器を販売したり、

人材の紹介を行っているのに、

情報が共有されてないことはざら。

顧客の名刺情報さえグループ間で

共有されていない事には驚いたものだ。

それを打破することは、良いことだ。

 

シナジーに踊らされ、飯の種を欠く?

f:id:yuyuma6310:20201103102057j:plain

 

今、グループ間で利益を生み出す可能性のある

情報は何でも共有する動きになっている。

シナジーのために顧客を訪問したり、

営業リソースを傾ける様になってきた。

 

それ自体は良いことであるが、

気になる点もある。

 

シナジーっぽい動きをする事が目的となっていることだ。

 

私の会社は、

人材紹介手数料と派遣料金が入らなければ、

飯を食べてゆけない。

目下、コロナによる薬剤師の需要減で、

単月赤字が続いている。

 

業界激変について書いた記事はこちら⇊

www.careerconsultant.me

 

シナジーを優先しようとすると、

自部門の利益になりにくいことも

やらされることがある。

 

リーダーがそこに振り回されている。

 

親会社のいう事、

株主である投資ファンドがいう事に

抗うのは難しいのかもしれない。

 

しかし、自部門の利益を残すことこそ、

自社と自社の社員を守ることである。

 

リーダーは足元の売上、

利益を上げることにこそ

心血を注がなければいけない。

 

今こそ、

柱を見失わない事が大事だ。

 

投資ファンドは結果をどう判断するのか

f:id:yuyuma6310:20200608005658j:plain

 

今は、シナジーという御旗のもとに

駆けずり回っている状況だ。

 

人間不思議なもので、

動き回っていると目の前の苦境を忘れ、

何となく仕事をしている気になってしまう。

 

恐ろしいのは、

結局自部門の自益が出ずに今季終了した場合、

どういう評価を下されるのかだ。

 

その時こそ、

投資ファンドが本性を現すのではないかと

危惧している。

 

シナジーという言葉は魔性を秘めている。

それを目の当たりにしている。

そういう意味では、

良い経験をしているのかもしれない。

 

半年後にどういう結末を迎えているのか。

 

結末がどうあれ、

自身のキャリアが路頭に迷わないよう、

準備はしておこうと思う。

 

コロナだけではない、

先が読めない要因がここにもあった。

 

今はステイなのか、

だからこその、アクションなのか。

 

転機は、じっくり見極めてから決断したいが、

時間の余裕はあまり無いと考えている。

 

 

過去記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me