【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

”キャリアコンサルタント、人材業界に関する情報をお届け"

MENU

【50代薬剤師の転職】現役エージェントが語るおさえておきたい4つのポイント。

薬剤師の転職市場は縮小し、

膠着したままの状態です。

 

特に、

 

・50代以上の方

・40代以上で実務未経験の方

・時間や曜日の制限が多い方

 

以上のような方々が転職をするには

厳しい市場となっています。

 

※「定着率95.6%」の転職支援会社へ相談してみませんか?→お仕事ラボ

 

日々求人とやりとりするなかで

感じる今後の転職市場の見通しと、

 

希望に近い転職を叶える

4つのポイントを、

50代以上の薬剤師の転職に絞って

書いてみたいと思います。

 

この記事の目次です⇊

 

薬剤師転職市場が縮小した理由

 

改めて、薬剤師の転職市場が

縮小した理由を整理します。

 

1、調剤薬局の収益減

f:id:yuyuma6310:20200726124800j:plain

 

新型コロナによる受診控え、処方の長期化が

調剤薬局の収益に打撃を与えています。

 

特に小児科、耳鼻科はかなり厳しく

処方箋枚数が前年比5割くらいに落ち込んでいる

薬局も珍しくありません。

 

当然薬剤師の仕事は減り、

薬剤師が余っているという声も

聞くようになりました。

 

また、

年収の高い薬剤師を雇う余裕も

なくなってきているので、

必然的にベテランの薬剤師への

風当たりが強くなっています。

 

2、薬剤師の転職様子見の傾向

f:id:yuyuma6310:20200608005658j:plain

 

最近、薬局の人事担当者からは

「最近は薬剤師が辞めない」

と聞くことが増えました。

 

もちろん薬局にとって

人材が定着することは

よいことですが、

 

コロナによる求人の縮小を

感じ取った薬剤師が、

転職の様子見をしている

側面もあると思われます。

 

辞める薬剤師が減れば

求人も少なくなります。

 

3、薬局事務へのタスクシフト

f:id:yuyuma6310:20200726124929j:plain

 

錠剤のピンキングなど、

薬剤師以外でもできる仕事を

事務スタッフへシフトする流れ

が進んでいます。

 

薬剤師の対人

業務への集中が主な理由ですが、

 

薬剤師の人件費を事務スタッフの

人件費に置き換えることで

労務費を削減したい

という背景も見え隠れします。

 

50代以上の薬剤師が敬遠されてしまう理由

f:id:yuyuma6310:20200614221525j:plain

 

薬剤師の転職市場が

縮小しているうえに、

50代以上の薬剤師には

逆風が吹いています。

 

それなどのような理由からでしょうか?

 

まず、希望する年収が

高すぎることが挙げられます。

f:id:yuyuma6310:20200416001503j:plain

 

理由1でも書いた通り、

薬局の収益が厳しくなるなか、

今までのような高給を払うことは

難しくなっています。

 

50代以上の薬剤師の方は

「薬剤師転職バブル」の

真っただ中にいた世代

 

現在の市場と希望条件の

ギャップが大きく、マッチング

しずらくなっています。

 

また、スキルに偏りが見られる

方もおられます。

 

在宅業務に対して経験がない、

または抵抗があり

やりたくないという方が

少なくありません。

 

しかし、在宅の実績が

調剤報酬の算定要件になるなど、

今の市場で働くにあたり、在宅業務は

避けて通ることができません。

 

この点は、逆に今やっておかないと

後々まずいことになると声を

大にしてお伝えしたいところです。

f:id:yuyuma6310:20200621094935j:plain

 

それくらい、

企業側のニーズはとても高いのです。

 

最後の要因は、

採用する企業側からみて

50代以上の薬剤師に対する

イメージが悪化していることです。

 

・実際のスキルに比例しない高給を希望する

・自分のやり方にこだわりが強く、薬局のやり方に従わない

・社歴が上の年下の薬剤師とうまくやれない

 

すべて、

実際に企業の人事担当者から

聞いた話です。

 

もちろん、

全ての50代以上の

薬剤師がそうだとは全く思いません。

 

ただ、人材を紹介しようとして

人事担当者へ電話をかけても、

電話口で50代と口にしただけで、

「いりません」と言われてしまうことが実際あるのです。

f:id:yuyuma6310:20200723232623j:plain

 

せっかくの良い人材が、

電話口だけで断られてしまうことは

とてももったいないです。

 

この辺は、

人材紹介会社のエージェントと連携し、

どのように自分を売り込んでもらえるか

相談しながら進めるのがよいと思います。

 

50代以上の薬剤師が転職で成功するためのポイント

f:id:yuyuma6310:20200630234438j:plain

 

では、どうすれば50代以上の

薬剤師の転職は

うまくいくのでしょうか?

 

人材紹介会社の利用法も含め、

日々マッチングを行っている経験から

ポイントを挙げてみます。

 

1、今薬剤師に求められるていることを再確認する

f:id:yuyuma6310:20200530100136j:plain

 

薬剤師の働きかた、

求められる役割は大きく変わっています。

 

・在宅業務

・かかりつけの算定(研修認定薬剤師は必須)

・土日や遅い時間帯の勤務、オンコール対応

・店舗異動、他店舗のヘルプ

 

どれもきついこと

ばかりに見えますが。。。

現実です。

 

これらに加え、

2021年8月の改正薬機法により

「専門医療機関連携薬局」の認定が始まります。

それにより、がんに対する専門知識を持つ

薬剤師の重要性が増します。

 

市場に求められる薬剤師を再確認し、

自身のスキルを棚卸しましょう。

 

スキルが足りないのであれば、

今の環境のなかで経験してから

転職に踏み切ることがベストです。

 

2、希望条件を広めにとる

f:id:yuyuma6310:20200516134025j:plain

 

現在の市場のなかで、

50代以上の薬剤師が

狭い希望条件で転職することは

大変難しいです。

 

ただし、

1つ2つの希望条件を

やや広めにとることで

自身にマッチしたよい求人が

見つかる可能性は高まります。

 

例えば、年収は絶対であるならば、

通勤時間や業務内容の幅を広めにとる。

その逆もありです。

 

私がヒアリングをしていて思うのは、

条件を狭くしすぎているために、

紹介会社からも「支援不可能」

と思われてしまうケースです。

 

求人の探索すらできない薬剤師さんが

結構いるということです。

 

希望条件を伝えるときは、

絶対に譲れない条件と

相対的にみたときに妥協してもよい

条件を分けて伝えたほうがよいです。

 

エージェントの業界知識と

企業への打診力を利用し、

転職活動を有利に進めましょう。

 

3、地方での転職を検討してみる

f:id:yuyuma6310:20200307140743j:plain

 

転職市場の縮小は都市部ほど大きく、

地方にいきますと、まだ薬剤師不足の

エリアが多いです。

 

煙のように無くなってしまった

都市部の派遣求人も、地方では

レオパレスなどの住居付きで

出ているエリアがあります。

(時給はさすがに下がりましたが。。。)

 

家族がいたり、持ち家の場合は

難しいかもしれませんが、

 

都市部の「レッドオーシャン」に

こだわる必要がないのであれば

地方での転職は条件面で希望に

近い求人を出てくる可能性は高いです。

 

一都三県でいえば、

 

東京→23区以外の西部、立川周辺または以西

神奈川→横浜から西のエリア、横須賀、伊豆半島方面

埼玉→大宮より北のエリア、熊谷、幸手方面など

千葉→房総半島の南の方面

 

これらのエリアは好条件の求人が

出てくるエリアです。

 

4、ベテランエージェントへざっくばらんに相談してみる

f:id:yuyuma6310:20200712203007j:plain

 

紹介会社へは、

希望の条件を一方的に伝えるだけでなく、

自分の条件は今の市場にマッチしているのか?

とざっくばらんに相談してみるのがおすすめです。

 

その場合できれば、

売り手市場と現在を比較できる

経験値豊富なエージェント

相談するほうが、実になる意見を

くれる割合が高いと思います。

 

まとめ

f:id:yuyuma6310:20210123224523j:plain

 

50代以上の薬剤師の転職に

おけるポイントをまとめます。

 

・都市部では薬剤師の求人が縮小し、薬剤師の売り手市場は終わっている。

・薬局の収益が厳しくなっていることは念頭においておきましょう。

・在宅、かかりつけ、がんに対する専門知識など、薬剤師に求められる

スキルは変化。そこで付加価値を発揮することが相応の年収を得られるカギ。

・希望条件は柔軟に考える。絶対条件と妥協できる条件を分けて、広い視野で求人を探しましょう。

・可能であれば、地方の転職も検討してみましょう。都市部より条件のよい求人が多く存在しています。

・ベテランの転職エージェントに、ざっくばらんに相談してみましょう。

客観的にみた自身の市場価値を尋ねてみて、転職市場に臨みましょう。

 

以上50代以上の薬剤師の転職のポイントについて

まとめてきました。

 

個人的にこういう市場のときは、

できればステイが望ましいと思いますが、

やむをえず転職に踏み切る方も

おられるかと思います。

 

今月からは医療従事者を皮切りに、

コロナのワクチン接種も始まります。

 

海外の接種実績からすると、

副反応も少なく

効果は見込めそうです。

 

夏から秋にかけては、

日本全体の医療や経済の新たな

見通しが間違いなく出てくると思います。

 

「転職市場」と「自身の価値」

をしっかりと天秤にかけることが、

良い転職の第一歩かと思います。

 

 

☆よければコメントやスターをいただけますと励みになります☆

 

 

無料相談サービスはコチラです⇊

www.careerconsultant.me

 

転職活動にプラスになる過去記事です☆⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.m