【とにかく明るい】キャリアコンサルタントの元気がでるブログ。

”一つ上のキャリア”を目指す、すべての方に贈るブログです。

MENU

経営者が言う「一見前向きだけど危険な言葉」とは?

f:id:yuyuma6310:20210410102553p:plain

 

この記事の目次です⇊

 

以前から知っていたけど、

違和感を感じる言葉ってありませんか?

 

最近私が違和感を感じた言葉がありました。

それは、この言葉です。

 

「やれない理由を探すのではなく、やれる方法を探そう」

 

社長やマネージャーが、部下を鼓舞するために

よく使われる言葉ですね。

 

☆部下の育成にお悩みの方へおすすめの記事はコチラ⇊☆

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

 

誰が何の目的で言っているのか

f:id:yuyuma6310:20200614221525j:plain

 

前向きな言葉じゃないの?

 

そう思いますよね。

 

私もネガティブ寄りな自分を

鼓舞するために、唱えたことが

あったような気がします。

 

しかし、ここからが重要です。

 

この言葉は、

だれが、どのような状況で言うかで

危険な意味を持つのです。

 

この言葉がもつ危険な意味合いとは?

f:id:yuyuma6310:20201121200049j:plain

 

例えば、会社が疑問を抱くような方向へ

進んでいるときにトップが使ったら、

誰も意見することはできなくなりますよね。

 

☆言いたいことを言いたい!という方はこちらの記事を⇊☆

www.careerconsultant.me

 

また、新事業を始めるとき。

 

リスクや最悪の結果まで考え、

始めるのが定石です。

 

しかし、そういった意見がスルーされ、

突き進むことに目が向けられるかもしれません。

 

つまり、この言葉は、

 

会社全体が同じベクトルで

進んでいる場合はプラスの効果がありますが、

間違った方向へ進んでいる場合は

取り返しのつかない場所へいってから初めて、

失敗にきづく危険性をはらんでいます。

 

最も最悪なのは、経営者自らがリスクや失敗を

直視したくないために使っている場合。

 

この言葉を言う意図を

しっかりと判断しないといけません。

 

結局会社は経営者次第?

 

f:id:yuyuma6310:20200808222731j:plain

 

以前私の父が言っていたことで、

今も印象に残る言葉があります。

 

「結局会社は社長次第だよ」

 

本当にそう思います。

 

よくも悪くも、日本人はまじめな方が多い。

 

特に多数派からはずれる行動を避け、

和を大事にする人が多いと思います。

右といえば右、その逆もそうです。

 

会社に所属するからには、

その経営者に自分の人生を預けてもよいかを

厳しく問わないといけません。

 

人生は〇〇軸で生きる!

f:id:yuyuma6310:20200627232926j:plain

人生はあっという間です。

 

テクノロジーの進化についていくのも大変で、

最前線でばりばりやれるのは40代前半まで

ではないでしょか。

 

生き方はひとそれぞれ。

安定しているから。他にやりたいことがないから。

それで会社にいるのも問題はありません。

 

ただ、振り返ったときに、

あれ、自分は何をやりたかったんだっけ?

と後悔だけはしたくないですよね。

 

自分のキャリアは自分で組み立てる。

 

会社は自己実現のために

今いるのがベストだから在籍している。

そういう割り切りも大切。

 

人生は自分軸で生きたい。

 

大切な時間をムダに過ごさないためにも、

常に考えておきたいことです。

 

 

☆よければスターやコメントをいただけると励みになります!☆

 

 

最近スターをたくさんいただいた記事です⇊

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me

www.careerconsultant.me